Copyright (C) 2015 EINICHI-Kokusaikouryu-Jigyoukyoudoukumiai All Rights Reserved.

外国人技能実習ご案内

外国人技能実習制度とは

外国人技能実習は1993年より執行された制度で、企業や団体が、諸外国の青壮年労働者を日本に受け入れ、企業での研修及び実習を通じて、優れた技術・技能・知識の習得を図り、その技術等をもって母国の産業発展に役立つ人材の育成に協力する制度です。

勤勉実直で向上心に燃えた外国人実習生を受け入れることにより、企業の社会貢献はもとより国際的なネットワークの構築、職場の活性化、生産の向上、国際交流による社員教育の一助になるなど、さまざまな相乗効果を図り、新たな事業活動の一翼を担う、外国人技能実習生制度を是非ご活用ください。

ベトナム人実習生の国内研修(富山市内)

実習生受入れのメリット

●企業の国際化

技術移転による国際貢献と将来の海外進出のための人材育成につながります。海外人材との交流により現地雇用のノウハウの習得が期待できます。

●生産効率の向上

面接や試験により選ばれた実習生は技術習得が早く、意欲的に作業に取り組むため、大幅な生産効率の向上への貢献が期待できます。

 

●職場の活性化

高齢化が進んだ職場では、若い技能実習生たちが交わることにより職場が活性化し、さらに実習生に技能を教えるということも職業意識の向上につながり、教える工程の中で、マニュアルの見直しなど、業務効率改善も見込めます。

実実習生の受入れ人数枠

実実習生の受入れの流れ

1.お申込み、ご相談

技能実習生受入れの相談を行い、栄日国際交流事業協同組合に加入のお申し込みいただきます。

2.候補者選考(一次選考)

各国現地派遣機関が推薦する派遣元企業に所属する技能実習生候補者から書類選考、健康診断、技能試験をして技能実習生候補者の絞り込みを行う。

3.現地面接

組合と企業担当者様が現地入りして、面接試験及び在籍企業を訪問、人間性や技能程度を参考に合格者を最終決定する。(補欠を含む)

 

4.在留資格認定証明書交付申請

在留資格「技能実習1号」を取得するための申請書類を作成し、入国管理局に提出。

 

5.現地教育 入国までの約3ヶ月間、

日本語や日本での生活習慣などについて学びます。

6.在留資格認定証明書交付

地域の法務省入国管理局より交付されます。

7.査証申請及び発給
送出し機関から在外公館(現地の日本大使館・領事館)へ査証の申請し、数日後に発給を受けます。

8.入国

9.講習
来日後、日本語や生活環境を中心とした講習を約1ヶ月にわたりや当組合研修施設を利用して組合により実施、日本での生活を自然に馴染ませていきます。

 

10.受入れ企業にて技能実習
受入れ企業にて約11ヶ月間、技能実習日程に沿って技能を学びます。企業との雇用契約で、日本人従業員と同様の条件の下で技能の習得と向上に励みます。

 11.技能実習2号への移行申請手続きと技能検定
技能実習1号期間中に修得した技能レベルをチェックする技能検定(基礎2級)を受験し、合格すると技能実習2号へと移行します。以後2年間の技能実習を行うことができます。

12.技能実習を完了し帰国

日本国内

海外現地

申込から
約6ヶ月

技能実習2号

2年間

技能実習1号

⒒カ月